読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンプレックスを活かして月10万円を稼ぐサイトを作成するまでの過程を実況中継するブログ

月10万円稼げるアフィリエイトサイトができあがるまでの過程を実況中継するブログです。

「自己紹介」カテゴリーの設計と意図

「自己紹介」カテゴリーについてどう展開するのか説明します。

自分のO脚の悩みやこれまでの状況について書きます。このページの最大の目的は「共感」ですね。トップページでも共感を得るように工夫しますが、ここではさらに強烈な共感を得られるように仕向けます。

と言ってもなにも難しいことはありません。むしろ簡単すぎるくらいです。

このサイトのターゲットはズバリ「ぼくと同じような人」なので、ひたすら自分の悩みを書きまくればそれだけで「ぼくと同じような人」に刺さる文章になるはずです。

「その悩み、わかるわ〜!」
「そうそう、ぼくもそうなんだよ!」

きっとそのように思ってもらえるはずです。

自分自身がペルソナなのでスラスラ書ける

自分自身に似た人がターゲットであり、ペルソナに設定しているので、リサーチの手間を省けます。自分自身のことなんですから、リサーチもクソもないですよね。

ターゲットのことを想像できないからQ&Aサイトなどで色々と調べるわけでしょう。どんな悩みを持っていて、普段はどんなことを考えるのか?と。

でもターゲットを自分に近い人にすると、自分のことを書くだけでいいんです。自分が悩んでいたことなんて、いくらでも出てくるわけです。ここまで書いていいのか?と思うくらい。

それはもう、臨場感のある言葉や表現が自然に湧き出てきますよ。自分でも触れたくないような闇の部分も出てきます。気づかないようにフタをしていた想いなども出てきます。怖いくらいに。

それぐらいすれば、自分と同じようなターゲットに刺さらないわけがない。そう思います。

つかみはOK!!

このカテゴリーでユーザーに「自分ごと」と思ってもらえれば、つかみはOKです。

しっかりと共感してもらえたなら、「この人が改善できたんなら、オレにもできるんじゃないか」と、希望を抱かせてあげることになるでしょう。その状態でサイトを読み進めてもらえれば、売り込まなくても自ら求めるようになるんじゃないでしょうか。

そのためにも、このカテゴリーでは自分の悩みを掘り下げまくった記事を投下していきます。