読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンプレックスを活かして月10万円を稼ぐサイトを作成するまでの過程を実況中継するブログ

月10万円稼げるアフィリエイトサイトができあがるまでの過程を実況中継するブログです。

コピーなのにコピーコンテンツにならない!記事を大量生産する裏技

戦略・思考

メインサイトの「他の人の体験談」カテゴリーには、今回アフィリエイトをしたい案件である<O脚矯正プログラム「福辻式」>を実践して結果を出した数十人の方の体験談を書いています。

体験談というか感想ですね。だいたい300〜600文字くらいの短い感想文です。これをあるサイトから拾ってきて記事にしています。

コピーなのにコピーコンテンツにならない!

「そんなことしたらコピーコンテンツ扱いされるんじゃないの?」

という声が聞こえてきそうですが、ぼくがやっている方法ではならないんです。たしかに普通に文章を引っ張ってきて掲載しているとそうなりますよね。そのための対策として語尾を変えたり言い回しを変えたりリライトしたりすることはよくあると思います。

ぼくがやっている方法(というより、運良くこの方法が使える案件だったという方がふさわしいと思いますが)は、そのようなリライトの類ではありません。そっくりそのまま文章を写すだけなので考える必要がなく、しかも重複コンテンツ扱いにならないという相当エグい技です。

投入できる記事の量がハンパない!

さらに!これも扱う案件がラッキーだったんですが、そのような体験談を61個も一気に手に入れることができました。1つの体験談で1記事作成していくので、61記事も投入できることになります。

しかもその体験談は本物なので、悩みを解決するに至るリアルなストーリーが描かれています。当然、具体的な悩み系のキーワードが満載なので、ロングテールで様々なアクセスを呼び込める可能性があります。

作成に必要な時間の短さがハンパない!

そのまま写すだけなので、1記事作成するのにかかる時間はたったの5〜10分です。ひたすらカチャカチャとタイピングをするだけです。これだけでかなり濃い記事が大量につくれるわけです。

長めで考えて1記事10分で計算しても、1時間で6記事も作成することができます。これは大げさな表現ではありません。

ここだけは注意!

ただ、この方法がコピーコンテンツになってしまうパターンが一つだけあります。それは、同じ案件で同じ手法を使ってコンテンツを作成した人が先にいる場合です。ここだけは絶対にチェックする必要があります。さもないと重複しまくりでヤバい状況になります。

今回ぼくがアフィリエイトする案件である<O脚矯正プログラム「福辻式」>を扱うライバルサイトで、この方法を使っているものはありませんでした。早い者勝ちです。

一体どんな方法??

この方法はとあるアフィリエイターの特典で手に入れた情報を応用したものです。初めてその方法を聞いたときは本当に感心しました。裏技といえば裏技ですが、ブラックな手法ではありませんし倫理的に問題のある方法でもありません。むしろユーザビリティーの向上につながる方法だと本気で思います。

そんなわけで無料で手に入れることのできる方法ではないため、ここでお教えすることはできません。ただ、ここまでの文章の中にヒントが散りばめられています。

・この方法が使えるかどうかは案件による
・タイピングする

これは大きなヒントだと思います。もうひとつヒントを加えるならば、

・なぜコピーコンテンツになるのかを考える

コピーコンテンツと判定される仕組み・原理をよく考えると、「コピーコンテンツ扱いにならないコピー」の方法が自ずと導かれると思います。

もしご要望が多ければ、何らかの形でお伝えすることになるかもしれません。