読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンプレックスを活かして月10万円を稼ぐサイトを作成するまでの過程を実況中継するブログ

月10万円稼げるアフィリエイトサイトができあがるまでの過程を実況中継するブログです。

【12/16】「商品の価値」を伝えるか「真実」を伝えるか

12/16の作業記録

<メインサイト>

「他人の体験談」2ページ修正

<体験談ブログ>

エクササイズ57日目の実践結果を投稿

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日に引き続き、投稿済みの「他人の体験談」カテゴリーの記事に文字を追加しました。文字数が少ない記事にボリュームを持たせました。

さて、アフィリエイトに取り組んでいてよく思うことがあるのでそのことについて書きます。

アフィリエイトの目的は「商品の価値を伝える」ことですが、これが必ずしも「真実を伝える」こととは限らない、ということについてとても葛藤を覚えます。

よく自問自答します。

悩みを抱えているユーザーに明るい未来を想像させてあげるためには、ありもしない体験談をでっちあげて嘘をついてあげる必要があるのか。

本当はもっと良いAという商品を知っているけど、稼ぎを大きくするためにはアフィリエイト報酬が高いBという商品を推したほうがよいのか。

美容液なんか使ったことがないけど、売れまくるという噂のこの美容液を売るためには、20代女性になりきって作り話の体験談やレビューのブログを運営するべきのか。

・・・。

ぼくにはものすごく葛藤があるんですが、きっとべらぼうに稼いでいる人はそういうことをやっているんだと思います。普通にそのような方法を推奨している教材だってたくさんあります。

あるメルマガ運営者に、「そのようなことをするには抵抗があります」と相談した時、「割り切れないならアフィリエイトに向いていないと思います」と言われました。たしかにそうなのかも知れないと思いました。アフィリエイトの目的は「真実を伝える」ことではなく「商品の価値を伝える」ことなのですから。

ぼくが今、自分のO脚を治す過程をコンテンツにするアフィリエイト手法に取り組んでいる理由のひとつに、「そんな正直者でも稼ぐ方法がある」ということを自ら実証したいから、ということがあります。つくりものの体験談を書く架空の人物になりきるブログではなく、自らのフィクションに基づくアフィリエイト。

「真実を伝える」と「商品の価値を伝える」がイコールになるアフィリエイト。

もしこれがうまくいけば、ぼくと同じような考え方のアフィリエイターにとって、稼ぐための良い一例になるという期待を抱いています。

このテーマなら、思うことがいっぱいるのでいくらでも書けるな・・・

続きはまた明日に書きます。