読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンプレックスを活かして月10万円を稼ぐサイトを作成するまでの過程を実況中継するブログ

月10万円稼げるアフィリエイトサイトができあがるまでの過程を実況中継するブログです。

【11/22】Q&A記事のあり方や目的について考えてみる

11/22の作業記録

<メインサイト>

「他の人の体験談」1ページ作成
「他の人の体験談」1ページ修正
「Q&A」3ページ作成

<体験談ブログ>

エクササイズ33日目の実践結果を投稿

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Q&Aカテゴリーのページを一気に3つ作成。このカテゴリーの記事は2種類考えていて、ひとつはO脚全般に対するQ&A記事、もうひとつは商材に関するQ&A記事です。今のところは前者を書いています。

おもに福辻式O脚矯正の関連サイトを参考に書いていますが、ただリライトするだけではなくて自サイトのコンセプトに沿ったリライトを心がけています。これだけでも内容に独自性を持たせることができます。

Q&A記事を書いていて、ふとこういうことを思いました。「サイト内にQ&A記事を入れる意味や目的って何だ?」言ってしまえばサイトというもの自体がQ&Aの体をなしているわけです。わからないことを検索し、ヒットしたサイトを訪れて情報を得る。この行為自体がQ&Aそのものではないか、と。

そんな中、サイトの中でわざわざ「Q&A」というコーナーを設ける理由は?Q&A以外のカテゴリーの記事だって、全部Q&Aではないか?書こうと思っているコンテンツのうち、どの記事をQ&Aカテゴリーに持っていくのか?そんなことを考えていました。

まだはっきりした答えは出ていませんが、とりあえず「一般的にみんなが疑問に思うであろうこと」をまとめて提示する・・・そうすることによってサイト内を歩きやすくするという役割を担えるのではないか、そんな感じで考えています。

あと、SEO的な観点では「検索流入を増やせる」のと「サイトボリュームを増やせる」という効果を期待しています。たとえば自サイトの既存のどこかのカテゴリーの記事から、ユーザーが疑問に思いそうな事柄や言葉を拾い、それをキーワードとしてタイトルに入れてQ&A記事にするとか。この考えに基づくといくらでも記事を量産できるのではと思います。

ただ、ひとつ懸念していることは、そうすることで内部リンクが増えすぎて色んなページに行かなければならないという煩わしさを与えてしまわないか?ということがあります。それなら同じページに長文で書いたほうがいいのか?など。

常にユーザー目線を意識しながら調整することを忘れないように心がけます。